ふるさと青汁の安全性はどうなっている?

食の安全ということが一般家庭でも高い関心を集めるようになりました。先の福島第一原発の事故による放射能汚染で、より強い関心を呼ぶようになったといわれています。ふるさと青汁という青汁が人気ですが、安全性という部分ではきちんと担保されているのでしょうか?ふるさと青汁は消費者が安心して毎日飲めるような青汁づくりに努めています。

 

まずふるさと青汁に含まれている原料はすべて、国産にこだわっています。主要原料の明日葉は八丈島で、大麦若葉は熊本で、桑の葉は島根といった感じで国内生産にこだわりを見せています。しかもそれぞれの生産農家を厳選して、選ばれた農家のものを使用しているので心配はいらないでしょう。また栽培方法にもこだわりがあって、農薬や化学費用は一切使っていません。人体に悪影響を及ぼすものを一切排除して、自然の環境の中で栄養分をたっぷりと含んで育った原料を使っています。

 

せっかく出来上がった原料も、品質管理がずさんであれば意味がありません。ふるさと青汁は生産管理の徹底をするため、生産から流通に至るまで、自社の中でシステム化しています。いろいろな業者が出入りしないようにすることで高いレベルの商品を一定して生産できるように工夫しています。このような消費者には普段見えない所でも手を抜くことなくしっかりと努力しているから、ふるさと青汁は数ある青汁製品の中でも安定して高い人気があるわけです。

 

青汁は毎日飲み続けることで、より高い効果が期待できます。毎日口にする以上、体に問題のある成分が混ざっていては困ります。その意味では安心して青汁を飲む習慣をつけるためには、ふるさと青汁も購入する商品候補の中の一つに組み入れるべきでしょう。