ふるさと青汁の飲み方のバリエーション

いろいろな栄養分を一気に摂取できるということで、ふるさと青汁は注目されています。しかし青汁というと一昔前のバラエティの罰ゲームで使われていたことからもわかるように、苦い・まずいというイメージを持っている人も多いはずです。しかしふるさと青汁は明日葉を主原料として、甘みもある大麦若葉や桑の葉をブレンドして作っています。ですから、野菜汁特有の苦みや青臭さを感じることはあまりないでしょう。むしろ抹茶を飲んでいるような感じで摂取できるはずです。しかし味は好みがありますので、水に溶かしてそのまま飲むのは抵抗があるという人もいるでしょう。そこでもしそのままでは少し厳しいというのであれば、飲み方を工夫してみましょう。

 

たとえば、牛乳や豆乳と混ぜてふるさと青汁を飲む飲み方がネットなどで紹介されています。牛乳や豆乳のまろやかさがふるさと青汁の臭みを包み込んでくれるので、さらに飲みやすくなるはずです。それでもまだ味が気になるというのであれば、はちみつを好みで混ぜて飲んでみるのもいいかもしれません。抹茶ラテのような感じになります。夏場は冷たく、冬場は温かくして飲んでみるといいでしょう。

 

その他にはジュースと混ぜて飲んでみるという方法もあります。オレンジジュースやグレープフルーツジュースとの相性はなかなかのもののようです。何か市販されている野菜ジュースのような感じになります。比較的あっさりとした味わいなので、簡単に飲めます。ダイエットなどを考えてふるさと青汁を摂取するのであれば、果汁100%のジュースとブレンドして飲むようにしましょう。このようにちょっと飲み方を工夫することでも、よりおいしい味に変化させることも可能なわけです。