ふるさと青汁とアトピーの関係

首筋やひじの所に無数の発疹ができて、常にかゆいというのがアトピーの症状です。アトピーというと、子どものころに発症するパターンが一般的でした。しかし最近では大人になってから、アトピーを発症する人も出てきています。環境汚染の問題やハウスダスト、アスベストなどの要因が関係しているのではないかといわれています。アトピー対策としていろいろな民間療法や薬が紹介されています。しかしその中でも、比較的すぐに始められる対策の中の一つに青汁を飲むという方法があります。

 

青汁とは、野菜のエキスを含んだ飲み物です。野菜には無数の食物酵素が配合されています。酵素は体内に入ると重要な役割を担っていて、食事で摂取した食べ物の消化をしたりエネルギーに変換する代謝の働きをしたりします。この青汁の酵素を摂取することで、細胞の働きも活発になります。その結果、免疫力を強化することによりアレルゲンに対する過剰反応を抑制する効果が期待できます。もともとアトピーはアレルギー症状の一つなので、いかにアレルギー反応の起こりにくい体質にするかがアレルギー対策の基本です。

 

ふるさと青汁は、国産の原料にこだわり、契約している特定の農家で栽培されたものだけを厳選して使用しています。添加物なども配合されていなければ、原料を栽培するにあたって農薬や化学費用なども一切使っていません。このように安全性の高い青汁を提供しているので、アトピー肌の方でも安心して飲めるわけです。

 

ただし注意したいのは、ふるさと青汁は決して医薬品ではない点です。ふるさと青汁を飲めば絶対にアトピーが治るというわけではありませんし、医薬品のような即効性のあるわけでもありません。ただし毎日摂取することで、体質が徐々に変化してアトピーが快方に向かう可能性はあります。